ブログ

タロットリーディングが難しい理由

タロットリーディングの3つの方法

カードをリーディング方法には主に3つの方法があります。

①キーワードでリーディングする

②絵からインスピレーションでリーディングする

③リビジョン(絵のテーマから質問者の状況をイメージしていく)

例えば女帝のカードが出た時

 

 

 

 

 

 

①の場合
妊婦、母性
などと読んでいくでしょう。

②の場合
幸せそうな女性、豊かな緑のある場所
などのリーディングが考えられます。

③の場合
あるがままで幸せな状態、既に幸せはある、
受け入れていく
等のリーディングが出来ます。

最初にタロットの解説本を買ってやってみるリーディング方法は①でしょう。

少しカードに慣れてくると②を使いだします。
様々なオラクルカードを使っている方は②を使っている人が多いと思います。
私もオラクルカード講座では②のリーディング方法をお伝えしています

でも実はタロットの醍醐味は③の「リビジョン」です。
特に大アルカナは「魂の成長」「自己実現のプロセス」をテーマにしていると言われており
質問者の状況を「人生の大きなプロセス」で捉えていくことが可能です。

タロットリーディングが難しい理由

ただこの3つのどれが正解というものではなく
自分が今何でリーディングしているかを
理解して使い分けていくことが大切です

自分が何でリーディングしているか分からずに
混乱して
うまくリーディング出来ないという方は結構います

うまくリーディング出来ないとう方は
一度、意識してみてください。

リーディング方法が違えば結果は変わってきます。
どのリーディング方法が適しているのか判断していく、それもインスピレーションになってきます。

この3つを意識して切り替えながらリーディング練習を積むそれが上達への近道です。

リビジョンについて

このリビジョンの概念は私は伊泉龍一先生に習いました
先生の書かれた「タロット占術大全」にも紹介されています。
繰り返しになりますがタロットの醍醐味は「リビジョン」です。
ナーナルレアのタロット講座では主にリビジョンで解説を行っていきます。

タロット講座で是非、このリビジョンで体感してみてください。

 

関連記事

  1. タロット
  2. タロット
  3. タロットカード
  4. タロットカード

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP